リフォームを計画したら最初にする事

リフォームを計画したら最初にすることは、請け負ってくれる建築会社などの資料を取り寄せることです。
急な不具合で、応急措置的なことを含んだリフォームであれば、知り合いや過去取引のあった建築業者にSOSコールをせざるを得ませんが、少し時間的な余裕があれば、前述のとおりです。
その中で、2~3の候補を絞り、相見積もりを取るのが、経済的な観点からも重要です。このときは、ベースになる箇所の工事に限定した見積もりと、それに関連する提案も依頼し、その場合の見積もりももらうのがいいのです。
前者は基本的な金額比較ができるというメリットがあり、後者はどのくらいお客様本位で仕事をしてくれるのかという姿勢が見れるメリットがあります。
安かろう悪かろうでは、毎日生活する場所としては困ります。
また、素人には分からないプロならではの視点で、リフォームを考えてもらうのは、とても参考になりますし、少しの金額上乗せで、金額以上の快適さや便利さを確保できる可能性もあるからです。

SNSでもご購読できます。