住宅ローンの繰り上げ返済

注文住宅を新築する場合には、その資金の調達に住宅ローンを利用するというのが一般的であるといえます。
この住宅ローンですが、通常は注文住宅を新築してから定年退職を迎えるまでの期間、何十年にもわたって、借りたお金を返済しつづけることになりますので、たしかに注文住宅の新築のための費用を無理なく確保するにはつごうがよい反面、長期間にわたって返済のためのわずらわしい思いをしなければならないというデメリットもあります。こうした住宅ローンには、残っている金額の一部、または全部を、予定していた期間にかかわらず、繰り上げて返済することが、場合によっては認められており、これを繰り上げ返済とよんでいます。
住宅ローンで返済をするお金には、元金と利息の部分とがありますが、繰り上げ返済では元金の部分に充当することができるため、結果として利息のほうもより短い期間で少なくすることができるので、大きなメリットがあります。そのため、損得だけをいうのであれば、できるだけはやく繰り上げ返済に着手したいものであるということができますが、繰り上げ返済をする分だけ家計の固定的な支出も増えることになるため、やはり生活にある程度の余裕ができてからというのが無難であるといえます。
特に、住宅ローンを契約してマイホームの新築をする世代というのは、子供が小学生、中学生になるあたりの働き盛りの世代が多いといえます。この場合、先々には子供の進学、受験などといったいろいろなイベントが控えていることになるため、教育費をはじめとする負担がますます増えることが見込まれます。そうしたなかで繰り上げ返済をはじめてしまうと、突発的なお金の需要に対処できなくなってしまいますので、余裕をもった取り組みが不可欠となってくるわけです。
この繰り上げ返済には、期間短縮型といって、毎月の返済金額はそのままにして、返済期間のほうを短縮する方法と、返済額軽減型といって、返済期間のほうをそのままにして、毎月の返済金額を減らす方法の、ふたつの種類があります。どちらがよいかというのは、目的にあわせて決めることになるため、一概にはいえませんので、あらかじめ銀行のローンプラザなどで相談をして、返済シミュレーションを出してもらうのがよいといえます。あらかじめ決め打ちをするのではなくて、シミュレーションの結果に満足がいくほうを選択して、後悔のないように繰り上げ返済をするのがよいといえます。

ショッピングカート|童話|オーディオ|家計見直しクラブ|アフィリエイト相互リンク|JALカード|超SEO対策|クレジットカードの即日発行じゃけん|貯蓄|心の童話|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|女性の人生|初値予想