イメージすることが大切です

新築住宅の間取りを考える場合は、部屋の種類や広さだけでなく、実際にどのように生活で利用するかを考えることが重要です。
例えば、車からおりて、どこから入って買い物したものをどこに運ぶのかなどを考えることによって、玄関やキッチンを利用しやすい配置にすることができるでしょう。
また、ある程度利用する家具などを決めておけば、間取りを考える際にどこに何を置くかイメージできて、後で欲しい家具があるけど配置できないなどというような失敗をしにくいです。
住宅の間取りは素人でも簡単に考えることができるので、設計士さんに全部お願いするより、事前に自分でこのような感じにしたいという意思を伝えた方が話がスムーズに進むでしょう。
最近は無料のソフトでも、簡単に間取り図や鳥瞰図、外観パースまで作れるものもあるので、そのようなソフトを利用してみるのも一つの手です。使い方さえ覚えれば、パソコンに詳しくない人でも簡単にできるので、自分の好みに楽しくやると良いです。

SNSでもご購読できます。